ライン

日本技術士会とは

ライン

日本技術士会とは

(1)日本技術士会の目的

  当会は、技術士の使命および職務に鑑み、技術士業務の進歩、 改善および会員の品位の保持、向上をはかり、もってわが国産業の発達及び海外との技術協力の推進に寄与することを目的とする(公益社団法人日本技術士会定款第3条)。

(2)沿革

 1951年06月:日本技術士会設立
 1957年05月:技術士法(法124号)公布
 1958年07月:第1回技術士試験実施
 1959年03月:社団法人日本技術士会発足
 1983年04月:技術士法全面改正(法25号)
 1984年02月:社団法人日本技術士会が指定試験・登録機関となる
 1985年01月:第1回技術士第一次試験実施
 2000年04月:技術士法一部改正
 2000年11月:APECエンジニア申請受付開始
 2004年06月:技術士ビジョン21を発表
 2007年01月:技術士プロフェッション宣言を発表
 2008年03月:EMF国際エンジニア申請受付開始
 2010年04月:中・四国支部を中国支部と四国支部に分離
 2011年04月:公益社団法人へ移行

入会のお勧め(統括本部HPより抜粋)

 技術士は技術士法に基づいたエンジニアとして最高の資格です。技術士法に定められた守秘義務、公益確保(技術者倫理)の責務、資質向上(継続研鑚=CPD)の責務等が課せられています。また、技術士資格は、APEC地域の14エコノミーがAPECエンジニアの登録をする制度に参加しており、日本とオーストラリアの間には二国間協定も締結されております。日本技術士会はこれらに対応し、幅広く事業を展開しています。

 今後、技術士としての活動をより有意義にするためには、ぜひ日本技術士会に入会されることをお勧め致します。専門技術部門別に活動している部会においては先輩技術士との活動が出来ますし、各種行事や委員会、専門分野の異なる会員が独自の調査・研究等を行うため設立している活動グループに参加することで他部門の会員と異業種交流を行うことができます。また技術士としての向上を図り社会に対する広い視野を養うにはこれほど恵まれた場は他にありません。

 平成16年6月、日本技術士会は「技術士ビジョン21」を策定して社会に発信しました。「科学技術創造立国の実現を目指して社会の利益と環境の保全に貢献する技術士を掲げ、現在具体的な施策を実行しています。

 また、修習技術者である「技術士第一次試験を合格された方」、「JABEE認定課程を修了された方」については、準会員として入会されますと、当会修習技術者支援実行委員会が、皆様の修習活動のあり方や技術士第二次試験の受験資格取得までの道筋などについて、具体的に支援致します。

 今後、ますます魅力ある日本技術士会に向け運営して参りますので、ぜひご入会されますようご案内申し上げます。

Copyright (C) IPEJ-AKITA. All Rights Reserved.